人気ブログランキング |

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

クラリネット購入

Jimmy Giuffre(Four Brothersの作者)のバンドや、

Jesse Van Rullerの『Chamber Tones Trio』のような
クラリネットの入ったバンドサウンドが好きで、

いつかやってみたいと思い始めてはや数年。


ついに手に入れることができました。
c0235278_0501466.jpg


クランポンのR13という、かなりの人気機種らしいです。


らしいです。って、知らんで買ったんか!と言われそうですが、

この楽器、譲ってもらったもので、
調べるまでそんなにいい楽器だとは知りませんでした。


譲ってくれたのは、僕の入っている社会人バンド
『Double Force Jazz Orchestra』
でバリトンサックスを吹いている、中川勉くんです。

僕「安くクラリネット譲ってくれそうな人知らんかなぁ?」

勉「2台持ってるし、新しいの買ったし古いから、僕ので良かったら譲りますよ。」

ということで、超破格で譲ってもらいました。


勉くんホンマのホンマにありがとう!めっちゃ練習します!


これが11/3の出来事。

----------------------------------------------------------------

で、11/7

僕と勉くんはかなり家が離れているため、
共通の知人(Double Force Jazz Orchestraのリーダー塩ノ谷さん)を介して
受け渡しをすることに。



それを取りに環状線の芦原橋の某スタジオへ・・・


そこにいらっしゃったのはこの方、武井努さん!
c0235278_125495.jpg



僕はちょうど武井さんにクラリネットのセッティングのことなどをメールで相談していたところで、
まさかの偶然!


早速吹いて遊ぼうや~とのことで、
運指やアンブシュア(咥え方)を教えてもらって2時間ほど遊んでいました。



なんせ運指が難しい。

息を入れる角度も違う。


でも音は超良い!


まずは楽器を扱えるようにならないと。




実戦投入はいつになるか。。。でもいつか自分のバンドで吹きたいなぁ。


がんばりまーす

by rorosax | 2013-11-08 01:09 | 日記 | Comments(0)  

僕のマウスピース遍歴

というタイトルを付けたものの、大した経歴はありません。。。

でも思い出しながら書いてみます。


①メイヤー6MM

これが初めて買ったマウスピース。

大学JAZZ研の先輩と一緒に楽器屋さんにいって選んだ(選んでもらった)中古品。
イシバシ楽器三宮店で買いました。(昔はマッピも沢山置いてて楽しかった。今はかなり少ない品揃え。。。)

昔のメイヤーは素材が良いですね。

現在も所有していますが、
今は同じくアルトサックスの武藤くんに吹いてもらっています。

→生徒さんに譲りました。


②ラルフモーガンエクスカリバー
後輩の石井君に、吹かないからと貰ったマウスピース

大学4年~しばらく使いました。

しかし、細長い形のせいか、リガチャーが普通のアルト用では合いません。クラリネット用などが良いのでは?

音はまろやかですが、形状のせいでアンブシュアは少しタイトめに作らないと上手く鳴りません。

作りはいいです。売ってしまったけど、また吹きたいなぁ。

手放したマウスピースで最も後悔している1本です。


③セルマーソロイスト
楽器(リファレンス)を購入した時に付いてきました。
通常はC★が付いてくるけど、楽器屋さんがEか何かと交換してくれました。

でも全然使いませんでした。

このマウスピース、あまりジャズ向けのマウスピースには思えないのは僕だけでしょうか?

無理矢理使えなくはないですが、ギャレットの様なサウンドは難しいかな??

もう手元にもありません。。。

④バンドレンV16 6M
中古で購入。
これは長い間使いました。

当時、これに赤JAVAの3半をつけるという結構ハードセッティングだった僕。

音はメイヤーより丸い印象。リーコニッツのニューヨークメイヤーをコピーしたと聞いたことがありますが真相やいかに。

僕のは初期のモデルで、たまに楽器屋で吹く同じバンドレンよりいい音します。

一昔前のV16は今のモノとは造りが違う気がします。

大分くたびれてチップやテーブルも歪んできたので、リフェイスするか考え中。

しかしこの手のマウスピースに思うことは「コピー品なら、もっと似せて」といいうこと。
そのメーカーの個性が出したいのは分かりますが。。。


⑤AIZEN メイヤーブロスタイプ?(絶版)
実は、V16より前に買っていましたが、当時の僕には狭すぎて使っていませんでした。

AIZENに対する評価は賛否両論色々聞きますが、僕は好きです。

音はやや軽め。
セッティング次第かとは思いますが、暖かくてアコースティックな音がします。
バズ(息のザーっという音)も入りますが、やや人工的かな。。。

開きはかなり狭くセルマーのS90 180ぐらいしかないと思います。なので、かなり厚めのリードをセットしないとうまく鳴りません。



⑥メイヤー5MM
これも中古で購入。
例によってイシバシ楽器三宮店にて。

中古品を選ぶ理由は値段だけの話ではなく、昔のものの方が素材が良かったり、作りが良かったりすることが多く、掘り出し物が出てくる印象があるからです。

これも、現行のものよりラバーの質が良さそうな素材感です。

開きは5番より少し狭め。

一時期メインを張りましたが、現在はお蔵入り。


⑦Mouthpiece Cafe ニューヨーク・カフェ・ブロス
最近よくある「ビンテージメイヤーの復刻」をコンセプトにしたマウスピース。

とある楽器店で仕入れているものを試奏して購入。

音のまろやかさはメイヤーにはないものがあります。

素材はレジンだったかな?少し軽いです。
明るくなりすぎないので、僕のサウンドイメージにはピッタリです。

吹き込んでも詰まることなく抜けてくれます。

テッドクラム購入後、手放しました。


⑧Ted Klum New York Hand Crafted 5

メイヤーブロスのコピー系のハンドメイドマウスピースの中でも比較的高価なTed Klumです。
これも中古。ヤフオクで購入。

エボナイトの素材が良く、粘り強い音で所謂メイヤーサウンド!ジャズのアルト!という鳴りです。

少しバランスが悪かったのでバランスを整えるリフェイスをしてもらうと激鳴り!という感じでした。

メイヤーブロスのコピーにしては少し肉厚で軽快!というより少し重みもあるように思います。

リフェイスでフェイシングを長くして以来、少し重たくなってしまったので眠らせてます。


⑨メイヤー リッチーコールモデル5MM

僕が学生の頃にめちゃくちゃ欲しくて買えなかった(買わなかった)のがこのマウスピース。

リッチーコールと言うとブリブリであんまり好みでないイメージなのですが、マウスピースは全然違います。

先ず、音色は従来のメイヤーよりも円やかです。ほんと、しっとりしてて大好きです。

そして、今のモデルは知りませんが、昔のリッチーコールモデルは作りが良い。量産品とは仕上げが違うのかな。

これも中古で手に入れましたが、少しバランスが悪そうなので、バランスを整えるリフェイスをしてもらおうかと考え中。


音は、従来のメイヤーよりも明るい、とされていますが、僕は吹き方次第だと思います。むしろ少し暗くなるぐらいの印象。

散々書きましたが、色々あって結局手放しました。笑


⑩メイヤー5MM
メルカリで5000円で購入。

チップ、サイドレールは細く綺麗でテーブルも綺麗です。

素材も古いモノで、かなり良い個体でした。

レギュラーだったのですが、新品の良いメイヤーが見つかり、鞍替え。


⑪メイヤー5MM
初めて買ったメイヤーの新品。

4本の中から選定しましたが、圧倒的に造りが良かったです。めちゃくちゃ大当たりです。

こちらは別の記事で紹介しています。

【番外編】
そういえば思い出しました。

昔、Beechler(ビーチラー) トナレックスというのを1回だけ吹きました。

中古でイシバシ楽器で買って即売却しました。

残してたらよかったな~

by rorosax | 2013-11-07 18:57 | 楽器のこと | Comments(0)