リズムのこと

最近、生徒さんにリズムの事を相談されました。


僕自身は、特別なリズムに関するトレーニングを受けた事はないし、自分が特別リズムが良いかも分からないし、そういうことを教えている管楽器の先生がどれだけいるのかも知りません。


それでも独学や経験を経て思うことは


リズムを取るのに打点だけを考えている人がとても多いような気がします。


例えば4分4拍子の時

1拍目で手を叩くとすれば、それにはその直前の4拍目を予備動作として振りかぶる?必要があると思います。


それがないと、頭で正しいリズムが分かっていても、逆にアタックの瞬間が遅くなり結果、スピード感がないビートになるイメージです。



ジャンプの前に沈み込む
投げる前に振りかぶる


これも全部予備動作だと思います。



全てのビートは連続性のある線のようなもので、打点はその中の一部だと思ってます。


膝のクッションもつかわずジャンプしている、振りかぶらず投げるというのは、力が正しく伝わらないと思うし、タイミングも合わないと思います。


2、4拍目で手を叩く時、

1、3拍目を2、4拍目の予備動作として動かしてみてはどうでしょう?


なんて偉そうにすいません。。。僕もがんばります。

[PR]

by rorosax | 2017-02-12 23:03 | 楽器のこと | Comments(0)  

<< ジャムセッション2017 2/24(金)Trio Live >>