声と音の関係

これは僕独自の考えですが、かなり当たっていると思います。

特に男性は顕著かな。

で、肝心のその考えですが

『声の高さ・質はその人の音色に直結している』

です。


まぁ、改めて書いてみると大したことなくて、そらそうやん。って感じですよね。


でも、やっぱりそうだと強く思ってます。

ベーシストでも、声の高い人は音も明るい。

アルトサックスやトランペットでも声が低い人は音が暗い。


女性は男性に比べて声が高い(男性より少ない息で発音するため、どうしても喉を絞らないと勢いが出ないんだと思います。それによって、声が高い。)ので、明るい・倍音の少ないキンキンした音の人が多いですね。


話し声が穏やかな人は音色も穏やかです。


楽器を吹く・鳴らす・弾く時の発声の仕方が、その人の声を出す発声の仕方と同じなんだろうなと言う考えです。


まだうまく纏まってないまま文章にしてるので意味が分からないところもあるとは思います。


ただ高い低いと分類するんじゃなくて、「声に倍音が含まれているか、柔らかさがあるか」も、かなり音に関係すると思います。


もっと考えが纏まれば追記します。

[PR]

by rorosax | 2016-08-16 22:47 | 楽器のこと | Comments(0)  

<< 2016年9月のschedule 9/10(土) >>