アンサンブルとは

アンサンブルという言葉はとても漠然としている

と思っていました。


今でも概念としては、ぼんやりしたものだとは思うし、人に伝えるには難しい「感覚」みたいなものです。


そんな中でも僕が思うようになったアンサンブルという概念を一言にすると

『人間関係』もしくは『人との付き合い方』

という言葉になると思います。


僕が理想とするアンサンブルは、

押し付けない、押し付けられたくない、上下関係がない(フェアである)、空気を読む、お互いの話を聞く

というところでしょうか。


だから、普通に会話していて話の合う人、気を遣わない人と演奏するのが、経験上良くサウンドするし、アンサンブルに対する考え方、サウンドに対する美意識は近いことが多いです。


話をしていて高圧的な人、他人に文句を言わせないタイプの人は演奏も自分の思い描くようにしか持っていかないイメージがあるし

他の人が自分に合わないことを怒ったり、あいつはダメだと悪く言ったりします。


そういうのを見ると、『もっとこの人と上手く演奏するにはどうしたら良いか』と考えた方がいいのにな、と思います。


少なくとも僕はそう心がけるようになりました。


僕は自分のソロを含め、バンド自体がエネルギーを持って動けるように、どんな時でも演奏したいと思っています。

[PR]

by rorosax | 2016-03-01 00:13 | 日記 | Comments(0)  

<< どっちも自分 2016年3月のschedule >>