僕のリガチャー遍歴

以前にマウスピース遍歴は書きましたが、
あんまりマウスピースを変えないもので、ボリュームのない記事でした。

リガチャーは結構いろいろ変わっているので少し書いてみたいかと。

順不同です。

------------------------------------------------------------------------

・ロブナー エディーダニエルズモデル(テナー用

初めて買い換えたリガチャー。アルトなのに、テナー用を購入。

理由は何だったかな・・・多分アルト用の在庫がなくてテナー用でも入ったからだと思います。

音色は太くなる印象。楽器を始めてから一年ほどで購入。

初めてリガチャーを変えて吹き心地と音色が変わるなと思いました。

プレートを入れるか入れないかで音の重さが変わります。

今のエディダニエルズモデルはナイロンぽい素材ですが、僕のは古いのか革っぽいです。


今ではちゃんとテナー用のリガチャーとして使っています。

------------------------------------------------------------------------

・フランソワルイ(シルバー)

大学3年生の時に購入。

その後しばらく使っていました。今でも割と使っている人を見かけます。

質量が軽く素直な音の印象。シルバーはブラスよりも少し音が締まるように感じます。よく鳴るため、シルバーの方を使って音を纏めていました。

今は生徒さんに譲ってしまいました。

------------------------------------------------------------------------

・ブルズアイ(ゴールドプレート)

中古で購入。

バランサーという重りを付けているのでリガチャー自体の質量がアップして音も太くなる感じ。

なんせパワーが出ます。あと、ゴールドプレートなので、音もかなり華やか。

結構明るい音で購入当時は気に入って使っていました。

今は同じくアルトサックスの武藤君に使ってもらってます。

------------------------------------------------------------------------

・セルマーノーマルタイプ

旧タイプの順締めのタイプ。

なんだかんだでかなりいい音。

色々迷って浮気しても、最終的にはコレに戻ります。

質量自体も軽く、マウスピースとリードのいい部分を引き出してくれます。と言うか、余計な味付けがなく、セッティングの「素」の部分を音にしてくれます。

MADE in FRANCE

と、inが小文字になっている分は、順締めの中でも年代的に古くサウンドも良いです。

これをオークションで見つけては買い、サブとしてストックしています。

(ネジにグリスを少し塗って、歪んでいる場合は形を整えると凄く鳴るようになります。)

ニュートラルな音の割に、個体差があります。
個体差と言ってもマイナスな意味ではなく、音の柔らかさや吹きごたえがそれぞれ違います。

余談ですが金属リガチャーは逆締めより順締めの方が好きです。

------------------------------------------------------------------------

・ウッドストーン(KODAMA2)

革の逆締めタイプ。中古で購入。

昔はこのタイプのリガチャー見るとすぐ試していました。

リードに当たるプレートがグラナディラという木でできているそうな。

柔らかい音です。革系リガチャーに共通するのは、余分な成分をカットしてくれること。ただ、響きまで失ってしまいやすいので、バランスの取れたセッティングが必要に感じますが、これは振動も殺されず綺麗に響きます。

四年ほど前までしばらく使っていました。

今は眠っています。

------------------------------------------------------------------------

・コンソリ

またまた逆締めの革タイプです。

これも、中古で購入。定価がもともと安いのもあって2000円ぐらいで買った気がします。

素材はナイロンかな?リードに当たるプレートも樹脂のような感じ。

良い具合におさえがきいて高音の硬い成分がカットされます。

一時期ソプラノにもコンソリを使っていましたが滑らかで倍音も多く、響きも損なわれにくい気がします。

アルトではちょっと音量が足りないのでビッグバンドには不向きかもと思い止めました。

結構長いこと使いましたが、今年の年始に壊れました。⇒修理して、後輩に譲りました。

------------------------------------------------------------------------

・ボガーニ(ブラス、シルバープレート)

ジョーロバーノが使っているものの復刻版。

ジョーロバーノが使っているからっていうのが、購入の理由の半分ぐらいを占めています。僕は彼のファンなもので。

なんせ、通販で試奏せずに買いました。

純正品はセルマーが作っていたらしい。見たことないけど。

すごく柔らかい音。逆に柔らかすぎるかもというぐらい。

少し芯が弱いかな?

反応はかなり軽いですが、セルマー順締めに比べると色々劣るかな。

サイズが色々と変えられて、たまにクラリネットやテナーに使っていますが、レギュラーにはなれず、、、

シルバーはバリトンに使っていましたが、今は眠っています。

⇒2016年現在は、セルマー順締めかシルバーを使っています。

シルバーは音の柔らかさはあるものの、少し息が詰まるので、それが不満です。

------------------------------------------------------------------------

・バンドレン(レザー)

どこでも置いてるのになぜか東京で購入。

余計な倍音がカットされる印象。

リードに当たるプレートは3種類あって、茶色のプレートは柔らかくしなやか、金属プレートは反応がよく少し明るい、黒のプレートは芯があり、クラシカルな響きです。

一時期、アルト、ソプラノはこのリガチャーを使っていましたが今はアルト用のものをクラリネットのリガチャーとして使っています。

------------------------------------------------------------------------

・Vandoren マスターズ(旧モデル)
Aizenからマウスピースカフェにマウスピースを変えた時期に「とにかく質量の軽いリガチャー」という事で、尼崎の福永管楽器で在庫になっていたコレを発見。値段も安い。

ドナルドハリソンとかが使ってたような。

とにかく軽いので良く鳴ります。ブラス製なので、余計な色も付かず。、

が、僕は逆締めのリガチャーは息の重心が上ずってしまう気がしてあまり合わずすぐに使うのを止めてしまいました。

あっさりとお蔵入りです。

⇒生徒さんに譲りました。

------------------------------------------------------------------------

謎のリガチャー(シルバー)

オークションで800円で買ったのですが、音が良くてここ数日ずっと使っています。

順締めのリガチャーで、見た目はBAYのリガチャーのように網目で彫刻のような模様があったりします。

マウスピースの付属のリガチャーにありがちな軽さはなく、ネジの作りもしっかりしています。

しかし、まさかこんな良くわからないリガチャーが良い音するなんて、、、また別の記事でこのリガチャーの紹介します。

------------------------------------------------------------------------

総評

かつては革系リガチャーを好んで使っていました。

昔は狭めのオープニングに固いリードで吹いていたため、吹きごたえが比較的軽く

そういう意味で少し抵抗がある革タイプを好んで選んでいました。

オープニング広め、リード柔らかめの
いわゆる『ジャズのセッティング』ではなく、どちらかと言うとクラシカルなセッティングでした。


今は所謂ジャズのセッティングになりました。


今はセルマーの純正リガチャーを使っています。


ここ1年ほど変わっていません。散々書いた割にセルマーが一番シンプルに色がつかなくて良いです笑
-----------------------------------------------------------------------
プライベートレッスンを開催しています。

アドリブをしたい方、より良い音になりたい方、一度体験レッスンにお越しください。

http://rorosax.exblog.jp/i6/

[PR]

by rorosax | 2014-05-20 00:47 | 楽器のこと | Comments(0)  

<< 2014年6月のschedule 2014年5月のschedule >>